blog

産後の骨盤矯正はいつから始めるの?| 産後のダイエットにも効果あり

投稿日:2015年11月18日 更新日:

産後の骨盤産後、骨盤の状態を良いものにするには、トコちゃんベルトのような矯正グッズを利用したり、自分ですることも可能です。また、プロにして欲しいと思えば、今はどこでもやっています。そこで、いつ・どこで・どのように行えばいいか、書いていきますね。

産後の骨盤矯正はいつから?

どの方法で始めるかによって違いがありますので、順番に説明しますね。

 

トコちゃんベルトのようなグッズ

トコちゃんベルトなどは、もしかしたら産院などでも指導があるでしょうから、できるだけ早く始めることをお勧めします。自分で自宅でケアしたり、プロに矯正してもらう場合でも、矯正後数時間はつけておく方が良いでしょう。

 

自宅で自分で矯正する場合

この場合、スクワットがおすすめです。始めるなら、産後1ヶ月あたりから、様子を見ながら行うことをおすすめします。産後の肥立ちが悪い場合や膝が痛い場合は、無理は禁物です。産後2ヶ月まで様子を見るか、優しい方法で行うか、どちらかでしょう。やり方は、あとで詳しくしますね。

 

プロの矯正してもらう場合

これも自宅ケア同様、1ヶ月から始めることができます。しかし、通うとなると赤ちゃんのこともありますし、ママもきついでしょう。ですので概ね2〜3ヶ月で来院される方が多いです。1ヶ月はゆっくり休んでください。

 

メリット・デメリット

今まで紹介した方法は、それぞれメリット・デメリットがあります。

グッズのメリット・デメリット

メリットは簡単ということです。つけるだけですからね。デメリットは、人によっては、蒸れる。そして痒くなること。あとは間違った使い方だと、効果が薄くなるということでしょうか。

また使いすぎは筋力が低下することも考えられるので、どれくらいすれば良いか判断が難しいところです。

 

自宅ケアのメリット・デメリット

グッズと同じようなメリット・デメリットですね。自宅で簡単にできます。グッズにないデメリットとをあげるとすると、何かと理由をつけてさぼっちゃう…ことですかね。

まあ、この点はグッズを使うのを忘れるなどもあるでしょうから、気軽にできる分、しっかりやらないといけません

 

プロに矯正してもらうメリット・デメリット

メリットは(おそらく)確実に矯正してくれることでしょう。デメリットは、通えるかどうかです。赤ちゃんのお世話が第一でしょうから、なかなか通えないといったことがでてきますね。

一回で治らないの?と思うかもしれませんが、捻挫と一緒ですから、一回では難しいでしょう。

靭帯というのは、あまり伸びません。なので、お産に向けて広がり、赤ちゃんが生まれてくるときには、骨盤を支える靭帯は、小さな断裂があると考えています。

だから、正しい位置に治して、ベルトなどで固定をすることが重要です。また繰り返し行うことも必要なのです。

 

産後、どこで骨盤矯正してもらうか

グッズや自宅ケアは正しく行うことが何より重要です。しかし、プロに矯正してほしい場合は、どのように選べばいいのでしょうか。

 

国家資格を(一応)持ってる

営業形態は別にして、柔道整復師、あん摩・マッサージ・指圧師・鍼灸師などの国家資格を持っているところが、まあ安心ですよね。

ただ、資格を持っているから良い、持っていないから悪いっていうわけではありません

資格持ってなくても、いい先生は良い。資格持ってても不正請求して捕まる迷惑先生もいることは確かですから。だから、あなたがまず判断するには、、

 

問診をろくにせずに保険が使えるところはダメ

基本的に整(接)骨院・鍼灸院・あん摩さんの治療院で保険が使えることはありません。なぜなら、整骨院では怪我しないと使えないからです。

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷でのみ保険が適応なので、肩の凝りや慢性的な腰痛などで保険適応になった場合、不正な請求の可能性がありますので、ご注意ください。

また鍼灸院・あん摩さんの治療院でも、保険が使えるものはわずかの症状。しかもお医者さんの同意書が必要です。

 

だから、産後の骨盤矯正は保険が使えません!

え?でも、さっき捻挫と同じって書いてなかったっけ?はい、書きました。ですが、靭帯は、あまり伸びないという解剖学的な面から、そう思っているだけで、個人的な感覚です。

医学的に根拠があるわけではありませんが、靭帯は最大でも20%程度しか伸びないことを考えると、骨盤の強固な靭帯が、出産時に切れて捻挫と同じ状態、というのは真実味があると思います。

 

リビングでも、保険適応外です。

もし、あなたが整骨院で産後の骨盤矯正で、保険が使えているなら、それは不正請求なので気をつけて下さい。

 

一回で治る系の治療院はダメ

これは、体の本質がわかっていない場合があります。WHOに提出される論文でも、一回で治るような治療法はないそうです。短くても数ヶ月、概ね1年〜2年程度の治療期間を必要としているのです。

 

産後の骨盤矯正も数年かかるの?

いいえ、それはありません。足首の捻挫が、数年かからないのと同じ。急激な怪我は、治るのも早いです。慢性的な痛みは、長らく培った乱れがあって、それが痛みにつながっているので、長い治療期間が必要なのです。

ですから、産後の骨盤矯正も2〜3ヶ月程度で、改善されることが期待できます。

 

ただし、それ以降も矯正は必要です!

なぜなら、妊娠前にも、きっとあなたの骨盤は乱れていたからです。その歪みや乱れは、3ヶ月程度では改善しません。これこそ、1年かけて改善していかなければならない状態なのです。

でも、安心してください。なにも一年間、毎週、通ってくださいってわけではありません。3ヶ月すれば、良い状態にあるでしょうから、月に2回くらいのペースで大丈夫です。

 

と、産後の乱れなのか、産前の乱れなのか判断できる治療院が良い!

産後のケアは、”適切な施術”と当院がお伝えする”運動療法”、そして”固定”がうまくいけば、それほど難しいものではありません。だから、正直に言えば、どこで受けても関係ないのです。

しかし、中には集客のためだけに、1回で!とか、産後の骨盤矯正で保険が使えます!という治療院も少なくないのです。

お近くで良さそうな治療院がなければ、ご相談くださいね。ここってどうですか?という質問もお受けしますよ!その治療院のホームページでしか判断できませんが…。

ご相談はLINE@がおすすめです。
友だち追加数現在100人以上の方とお友達です。

 

自宅でのケア方法

2つあるのですが、簡単な方法をここではお話ししますね。単純なスクワットなのですが、少し気をつけてほしいことがあるので、そこに注意してもらえれば、OKです!

 

ゆっくり行う!

股関節・膝関節を3秒かけて曲げながら、膝の高さ(90度)まで沈みます。そこで2秒キープ。そして、3秒かけて股関節・膝関節を伸ばしていきましょう

 

伸ばす時の注意点!!

伸ばす時は、意識を足裏に集中してください。そして、足裏全体で地面を均等に押していく反動で股関節・膝関節が伸びていくようにします。すると、お尻のところがギューっと締まる感じがします。そうなると成功です。

一回では難しいので、何度か練習してみてください。リビングの産後の骨盤矯正を受ける方は、施術後に指導します。

 

朝・昼・晩の3回行ってください。

反復回数は、それぞれ3回くらいで結構です。ですから、1日合計で9回程度ですね。ただし、無理は禁物!産後の体は関節が痛くなりやすいので、ご自分の体と相談しながら行ってください。

痛めてできなくなるより、回数は少なくても、毎日定期的に行える方が効果的です。痛みがあるときなどは、1日に行う回数を減らすか、あまり沈まないようにするなど、調節してください。

あなたにオススメの記事

1
夏バテには鍼灸のツボ【大椎】 | 自宅や職場で簡単ケア

あなたは夏バテにはなっていませんか? どうしても冷たい飲み物や食べ物が多くなって胃腸の調子を崩したり、冷房の風にあたりすぎてだるくなったり、食欲がなかったりと、暑さが増すと色々と体調を崩しがちですよね …

2
妊娠中のタバコの影響 | 赤ちゃんにはどんな影響があるの?

あなたはタバコ吸ってる?僕は吸わないから、タバコの煙や臭いはちょっと苦手。でも、葉巻は吸ってみたいと思う今日この頃。なんか葉巻ってかっこいいでしょ(笑)と冗談はさておき…あなたは自分が妊娠したとわかっ …

葉酸 効果 3
妊娠前から葉酸をとる理由 | 葉酸の効果と取り方まとめ

妊娠中に、すすめられる葉酸。実は妊娠前から、取っておいたほうが、赤ちゃんのためにも良いって知ってますか? 今日は、葉酸について学び、正しい知識をつけましょう。この記事を読むと、葉酸の正しい取り方も学べ …

-blog

Copyright© 妊娠中・産後の腰痛・尿もれ | 小倉北区鍼灸・整体サロン Living , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.