blog

夏だけじゃない!?各季節にある土用を意識しながら健康管理すると良い話

投稿日:2016年2月4日 更新日:

土用2016年もあっという間に、2月。早いすぎる!しかし、一年は今日から始まると言っても過言ではない!というのは、今日が2月4日で立春だから!!

本当は、二十四節気の話をしたいけど、今回は季節が変わるポイントと夏だけじゃない◯◯に絞って話すね。
余談だけど、僕らの結婚記念日でもある(二人とも昨日気がついた…!)

 

季節の変わり目は4つある。

知ってると思うけど、念のため。まず、ここで覚えて欲しいことは、「いつ頃・どの季節に変わるのか」

立春

2016年は2月4日頃
冬が終わり、になる。大きな転換点だね。新たな出発点。

 

立夏

2016年は5月5日頃
春から夏に切り替わるポイント

 

立秋

2016年は8月7日頃
夏から秋に変わる

 

立冬

2016年は11月7日頃
秋から冬に変わる

”2016年は”と書いてるのは、その年によって、4日だったり6日だったりするから。ここからが、とても大事なんだけど、この季節の変わり目の直前には、すべて土用の期間があるけど知ってた?

 

夏だけじゃない!2016年の土用

春土用・・・4月16日〜5月4日

夏土用・・・7月19日〜8月6日

秋土用・・・10月20日〜11月6日

冬土用・・・2017年1月18日〜2月3日

 

土用が重要な理由

なぜ、立春などの季節の転換点よりも土用が重要かというと、土用の期間は、免疫力が低下しやすいから。前の季節の疲れを残しておくと、季節が変わった時に、体調を崩しやすい。だから・・・

 

土用の丑の日にうなぎは、理にかなっている?

土用の期間は、できるだけ、ゆったり過ごす。自分の体に不調のサインがないか慎重に。

そして、栄養のあるものをしっかりとる。もちろん、睡眠もね。この時期に頑張ってもいいことないよ

昔の人は、土用の期間は、農作業をしなかった(間日をのぞく)。怪我しやすいことを知ってたんだ。先人の知恵をなめちゃいけないね。

 

特に夏のから秋に切り替わる立秋前の土用は注意!

太陽は陽、月が陰というエネルギーを持ってる。だから、夏至では太陽が一番高くなり、昼の時間も長いことから、陽のエネルギーが最高潮になる!

そこから、だんだんと昼の時間が短くなり、立秋でちょうど昼と夜の長さが同じになって、そこから夜の時間が長くなる。月が滞在する時間が長いってことだから、陰のエネルギーが高くなっていくということ

このエネルギーの切り替わりでもある、立秋前の土用は、特に重要ってわけ。季節も変われば、エネルギーも変わる。その前に、あなたの体は準備できてる?ってことだからね。

 

土用は季節の変わり目にあるよ

もう一度、おさらいすると2016年の土用は、

春土用・・・4月16日〜5月4日

夏土用・・・7月19日〜8月6日

秋土用・・・10月20日〜11月6日

冬土用・・・2017年1月18日〜2月3日

この期間は、しっかりと栄養と休養をとって、次の季節に備えるといい。土用の入りをLINE@でお知らせするね。

お知らせが来たら、一旦、スピードを緩めて、振り返る時期だと考えて欲しい。それが大きな怪我を防ぐ一歩になるから!まずは下のお友達追加を押して、土用の入りメッセージを受信できるようにしてね!

土用の入りやお得なクーポン、予約状況のお知らせなどが月に1〜4通ほど届くよ!
友だち追加数

 

節気と健康のまとめ

今回は、特に季節の変わり目の節気と、土用について書いてきたけど、他の節気も調べてみると案外面白い。先人の知恵というのは素晴らしいと思う。

暖冬だったり、冷夏だったりと、なんだか季節の移ろいがわかりづらかった昨年でも、節気を気にしながら、生活すると心も体も健康になれるきっかけになる。ぜひ、カレンダーを買うときは、二十四節気つきのものがオススメ!

土用の過ごし方はこちら→https://living.expectant-mother.com/doyo-qol/

 

あなたにオススメの記事

1
夏バテには鍼灸のツボ【大椎】 | 自宅や職場で簡単ケア

あなたは夏バテにはなっていませんか? どうしても冷たい飲み物や食べ物が多くなって胃腸の調子を崩したり、冷房の風にあたりすぎてだるくなったり、食欲がなかったりと、暑さが増すと色々と体調を崩しがちですよね …

2
妊娠中のタバコの影響 | 赤ちゃんにはどんな影響があるの?

あなたはタバコ吸ってる?僕は吸わないから、タバコの煙や臭いはちょっと苦手。でも、葉巻は吸ってみたいと思う今日この頃。なんか葉巻ってかっこいいでしょ(笑)と冗談はさておき…あなたは自分が妊娠したとわかっ …

葉酸 効果 3
妊娠前から葉酸をとる理由 | 葉酸の効果と取り方まとめ

妊娠中に、すすめられる葉酸。実は妊娠前から、取っておいたほうが、赤ちゃんのためにも良いって知ってますか? 今日は、葉酸について学び、正しい知識をつけましょう。この記事を読むと、葉酸の正しい取り方も学べ …

-blog

Copyright© 妊娠中・産後の腰痛・尿もれ | 小倉北区鍼灸・整体サロン Living , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.